外国人による日本語スピーチコンテストが開催されました!

留学生会議, 出会い・交流

9月30日(土)に県内の留学生などが参加する「第29回 外国人による日本語スピーチコンテスト」が「むつみ会※」の主催により開催されました。

同コンテストは、外国人のみなさんが日々の暮らしの中で思うことや感じたことなどについて発表することをとおして、地域社会における国際理解と国際交流を図ることを目的に開催されるものです。

機構では、留学生等の視点を活かしたまちづくりの取り組みが地方創生につながるものとして同コンテストに共催し、運営に協力しました。

また、コンテストの司会進行は、中越高等学校放送部のみなさんにご協力いただきました。

 

 

コンテストでは、総勢13名の外国人のみなさんが、それぞれ思い思いにスピーチを披露。

最優秀賞にあたる長岡市長賞は、ベトナムから来日されて1年5ヵ月のリウ・ティ・フォン・タオさん(27歳)が受賞しました!

祖国のおばあさまが日本に抱かれている印象が、タオさんの日本移住に伴い変化していく様子についてスピーチいただきました。

 

 

また、審査中に行われるアトラクションでは、長岡技術科学大学軽音楽サークルによるジャズ演奏やメキシコ留学生、ベトナム留学生による踊りが披露されました。

 

 

表彰式終了後の交流会では、来場者全員で乾杯!

国籍を越えて親睦を深め、非常に有意義な時間となりました。

 

 

※むつみ会…長岡技術科学大学留学生の支援を目的として昭和63年に発足した団体。

 

LINEで送る
Pocket