「親子で楽しむプログラミング体験」を開催しました

学ぶ魅力づくり

12月16日(土)、24日(日)の2日間にわたり「親子で楽しむプログラミング体験」(主催:長岡大学、ながおか・若者・しごと機構 後援:長岡市教育委員会)を開催しました。

長岡市内の小学3、4年生親子24組が参加し、「スクラッチ」というソフトを使ってプログラミングを体験しました。
スクラッチの使い方から、例題へのチャレンジ、最後は自由にプログラムするところまでを親子で学ぶ機会となりました。

ながおか・若者・しごと機構では長岡版イノベーションを支える人材育成に向け、今後もプログラミングやAIに関する教室等の開催に取り組む予定です。

LINEで送る
Pocket